2020/5/5

four peas flowers

翻訳家と花農家を兼業する友人から、ブーケが届きました。
季節のオーガニックフラワーを、タネや球根から露地栽培で育てています。
また、たくさんのニワトリや、四人の子どもも育てています。

たくさんの命に囲まれて、自然と共生しながら、言葉と花を生みだす日々。
翻訳してもらうと、言葉のひとつひとつから優しさが溢れでてくるのは、彼女の生き方が表れているのだと思います。

ある日、大切に育てていた球根を、山から降りてきた鹿にすべて食べられてしまったそうです。
けれど、鹿角のピアスを着けたその日から、鹿は畑に現れなくなったのだとか。

 

Gift from Japan forest.

“first” Earrings
Antler (Hokkaido, Japan) / K18YG

“鹿角のフープピアス”
エゾシカの鹿角(北海道全域)、K18YG

©su Ha ALL Rights Reserved.