2018/5/1

“to cosmos” Earrings
Japanese wood / K18YG

 

“円のフープピアス”
天然木(ガラスコート仕上/艶消)、K18YG

 

大理石のような杢目のアイボリー色の栃(トチ)、交錯する木理が格子模様になる花梨(カリン)、世界でもっとも黒くて緻密な肌をした黒柿など、天然木から生まれた表情をシンプルに感じられるピアスです。耳元で軽くヒラヒラと揺れるように、縁を薄く削り込んでいます。

2018/4/26

“Rose petals” Earrings
Red coral (Kochi, Japan) / K18YG

 

“花びらのピアス”
赤さんご(高知)、K18YG

 

濡れたように艶のある赤珊瑚が仕上がりました。ひとつひとつ異なる形は、珊瑚の原木の形に由来しています。

珊瑚の加工所では、立派な原木、原木から切り出された枝、傷のある端材、さらには細かく砕かれた粉まで、きちんと仕分けされ、珊瑚が大切にされていることがひしひしと伝わってきます。そのなかから、大きさと形が不揃いでも、色艶が美しい部分を取り上げて、内にある美しさを探しながら丁寧に磨きあげました。

珊瑚は、その原木の形から植物だと思われていることが多いようですが、実は動物です。大きさ数ミリのイソギンチャクのような体で海底にはりつき、海中のカルシウムを取り込みながら自分の体の外に骨格を作りながら成長します。この骨格が、私達の知る珊瑚です。体の外に骨があるなんて、生き物は驚くほど多様ですね。

赤珊瑚の加工が盛んな高知県宿毛市は、東西にのびる高知県の西端に位置しています。東京から宿毛へ向かうには、いくつかの手段がありますが、いちばんのお気に入りは、寝台列車で東京から岡山まで、岡山から電車を乗り継ぎ高知まで、高知から車で2時間かけて宿毛まで、13時間の陸の旅です。さらに土佐清水港まで車を走らせると、色とりどりの珊瑚漁の網を携えた多くの漁船が港を出たり入ったりしています。土佐清水港では、漁師たちが「あししょく」と呼ぶ、あしずり食堂のサバ寿司が美味しい。土佐のサバ、土佐の珊瑚、日本の海の恵みです。

2018/4/12

“to cosmos” Earrings
Abalone (Japan) / K18YG

 

日本各地のアワビの貝殻を加工していると、クロアワビとメガイアワビといった貝種の違いのほかに、隠岐、伊勢、五島、といった海域の違い、さらに生まれ育った環境や個体ごとの食性によって、真珠層の色合いが少しずつ異なることに気が付きます。細かくチリチリと光ったり、青みを帯びて光ったりと、ひとつとして同じ表情はありません。

定番サイズ(30φ)のほか、小さなサイズ(18φ)も揃えました。su HaのK18フープは、すっきりと光る角線のシンプルなデザインです。

2018/4/4

I am in Okinoshima island now.

 

隠岐の島へ来ています。
su Haの大切な素材となる、肥松とアワビの生まれ育つ島です。

風当たりの強い海沿いの斜面では、樹木が自らの身を守るために(枝が折れないように)、枝の根元に琥珀色の樹脂分を蓄えて、糸のように細かい年輪を積み重ねます。100年の歴史を持つ池田材木店の目利きで、芯まで琥珀色に肥えた枝を求めて、島の先端まで海沿いに斜面を登ります。形の整った小さな径の枝も切り出すことができました。

透き通る肥松とキラキラのアワビの美しさには、厳しい環境の中で命をつなぎ、生き抜こうとする力があふれています。

2018/3/25

“UNKEI” Earrings
Sazae Turban shell (Izu, Japan)
Red coral (Kochi, Japan)
Obsidian natural glass (Suwa, Japan)
Amber (Kuji, Japan)

 

べっこう飴や黒飴のような艶々のピアス。K18の角線を一本一本手作業でひねって作るロングフックは、顎のラインで振り子のように大きく揺れます。

 

“あめ玉のロングピアス”
さざえ(伊豆)
赤珊瑚(高知)
黒曜石(諏訪)
琥珀(久慈)

森や海へ直接足をはこんで、誰のフィルターもかかっていない原素材に触れるところから、su Haのものづくりがはじまります。

2018/3/19

Patterns in nature.
Some of today’s finds.

 

アワビの殻をよく見ると小さな螺旋の頂点があり、巻貝のひとつであることがわかります。成長するにしたがって、その頂点を残しながら外側へ外側へと増築するように大きくなっていきます。3センチほどのこのアワビも、生涯この部分を螺旋の頂点としたまま大きくなっていきます。スクラップ&ビルドで成長する人間からすると、とても不思議な感覚です。

2018/3/4

“first” Earrings
Antler (Hokkaido, Japan) / K18YG

 

今年の北海道は雪が多くて、エゾシカにとっても厳しい冬になりました。明治時代には、鹿肉をアメリカに、毛皮をフランスに、鹿角を中国に輸出していましたが、北海道全域で大雪が二年続いたことをきっかけに、約10万頭のエゾシカが餓死し生息数が激減、それらの事業は廃業に追い込まれました。一方で、ここ数年北海道全域で獣害として捕獲されている鹿は、一年間で約10万頭。そのほとんどが、ただ命を犠牲にしています。
ハンターを訪ねて初めて手にした鹿角は、しっかりと硬くて、色も柄も野性的。すぐに魅了されました。鹿角や鹿革の有効活用として贅沢に使うことができる現代ならではの素材です。

 

“鹿角のフープピアス”
エゾシカの鹿角(北海道全域)、K18YG

2018/2/27

Kurogaki (Black persimmon) is found in only one of every 1,000 to 10,000 persimmon tree.

 

“to cosmos” Earrings
Kurogaki (Black persimmon, Japan) / K18YG

 

黒柿は、樹齢の高い柿の古木に極稀に現れる、墨を流し入れたような縞杢を持つ柿の木。日本古来から愛される銘木中の銘木です。
黒柿から生まれる自然のグラデーションカラーを切り取ったフープピアスは、木目の美しさだけが目に飛び込んでくるように、厚みを感じさせないヒラヒラとした形に仕上げています。縁の厚みは0.5ミリ。中心の厚み9.5ミリに向かって、なだらかに膨らみを持たせています。
黒の小物は重い印象になりがちですが、天然木から生まれる黒は、温かみがあり表情豊かです。K18と墨色のコントラストが映える向きを確かめながら、自然のグラデーションを慎重に円の中に納めます。

縁が薄く表面裏面とも曲面の形状は、緻密で技術を要する轆轤(ろくろ)の仕事です。若き女性轆轤職人が、この形状に合わせた専用の治具を作り、ひとつひとつ、片面ずつ、丁寧に挽いていきます。

2018/2/18

I am in Amsterdam now.

 

アムステルダムに来ています。素敵な自転車が街中を走っています。これから、コペンハーゲンのギャラリー「A. PETERSEN」へ向かいます。

コペンハーゲンでは、ガラス作家のTora Urup のアパートにて一宿三飯。自然光が差し込むアトリエには、Toraの美しい作品が並んでいます。

2018/2/13

“ONION” Necklace
Maple wood(Japan)  / K18YG

 

たまねぎの形に仕立てた刃物で、轆轤(ろくろ)職人が一粒一粒削りだしていくウッドビーズのネックレス。たまねぎの先端まで滑らかに磨き、艶を抑えたガラスコートで仕上ています。真珠を紡ぐ職人が、一粒ごとに結び目を作るオールノットで連ねて、留め具が外からはわからないようにマグネットクラスプで端を組み上げます。ちょうど胸のあたりにストンと乗るようにK18のチャームを付けています。

©su Ha ALL Rights Reserved.