2019/5/10

“ONION” necklace
Wood Beads(Japan, Liquid glass finish) / Silk cord / K18YG charm / Magnetic clasp

2019/3/20

Thank you all for coming to〈su Ha〉wood jewelry exhibition.

 

受注会「樹々のジュエリー」は、明日と明後日の2日間、東京ミッドタウン(六本木)にて開催します。身体に合ったサイズだからこそ心地良い、ウッドブレスレットとウッドリングをご提案します。ブレスレットは4サイズ、リングは7サイズをご用意しました。
.
会場のワイス・ワイス トゥールスは、伝統工芸をもとに新しい技法と現代美意識によって生み出された日用品を通じて、豊かな「暮らし」を提案するショップです。「未来の伝統工芸」をテーマにした”UMEBOSI”シリーズなど、ここでしか買えないオリジナルアイテムも多数揃い、店内に足を踏み入れれば何時間でも留まってしまう人気のショップです。
.
明日、明後日の13:00~18:00は、デザイナーの伊藤陽子が在店します。
ジュエリーとなる素材の生まれた森や海のエピソード、サイズの選び方や樹種による経年変化の違いなど、ぜひお話させてください。皆さまのお越しを心よりお待ちしています。

2019/2/21

Happy smiley appears in wood grain !
That’s what I love about natural materials.

 

イタヤカエデに現れる自然の筋模様から、図らずもスマイリーが顔を出しました。
こういう巡り合わせがあるから、自然素材はたまらない。

2018/2/13

“ONION” Necklace
Maple wood(Japan)  / K18YG

 

たまねぎの形に仕立てた刃物で、轆轤(ろくろ)職人が一粒一粒削りだしていくウッドビーズのネックレス。たまねぎの先端まで滑らかに磨き、艶を抑えたガラスコートで仕上ています。真珠を紡ぐ職人が、一粒ごとに結び目を作るオールノットで連ねて、留め具が外からはわからないようにマグネットクラスプで端を組み上げます。ちょうど胸のあたりにストンと乗るようにK18のチャームを付けています。

2018/1/10

Wood beads for 〈su Ha〉 jewelry are made of Japanese wood and woodworking.

 

肌触りよく仕上がりました。su Haのウッドビーズは、すべて木肌の緻密な日本の天然木を使っています。素材本来の色が変わらない透明度の高いガラスコーティングで、木の肌触りを生かしてマットに仕上げています。

6ミリから39ミリまで、それぞれ専用の刃物を作って轆轤職人が挽いた、さすが日本の刃物といったなめらかさ。一粒一粒、木肌に荒れがないか検品してから、ピアスやネックレスに仕上げます。

今ロットの黒柿は、ふわっとしたグラデーションで、ビロードのような見え方です。K18フープを通したピアスになって、2月初から店頭に並びます。

2017/11/19

Maple wood beads made by Japanese wood turning.

 

“ONION” Necklace
Maple wood(Japan)  / K18YG

 

曲鉋(くせがんな)とよばれる手工具を使って、轆轤(ろくろ)職人が一粒一粒を削りだしていくウッドビーズ。一粒の大きさは1センチほど。このタマネギのような形に合わせて刃物を作り、鉋(かんな)台を仕立てるところから仕事が始まります。その精密さは轆轤技術の粋と言われています。

丁寧に木地を磨き上げ、艶を抑えたガラスコートを施した後は、真珠を紡ぐ職人に手渡されます。木肌の色に合わせた絹糸を選び、一粒ごとに結び目を作るオールノットで連ねていきます。大粒の真珠などに用いられるオールノットは、糸が緩みにくく丈夫なうえ、ビーズの穴が見えない丁寧な仕上げです。ウッドビーズの軽さを生かして、留め具にはシンプルなマグネットクラスプを使い、後ろ手でも留め具の位置がわかるように18Kのsu Haオリジナルチャームを付けました。

 

“たまねぎのネックレス”
楓/かえで(北海道)、K18チャーム

©su Ha ALL Rights Reserved.