2021/10/9


「BAUM TREEDAY 2021」インスタライブをご覧くださった皆さま、ありがとうございました。

ライブのなかでご覧いただいた森林林業、製材、木工は、神奈川県小田原市で営まれる歴史ある産業です。
東京都心から1時間、小田原の辻村山林には、江戸時代に植樹された樹齢300年余りの大杉が百本近くも生き続けています。

小田原は、森林や樹木への扉が開かれた、美しく包容力のある土地です。皆さまにそのひとこまをお伝えできてうれしいです。小田原には、樹木の恵みを感じられる様々なプログラムも揃っています。森へぜひお出かけください。

2021/9/28


ネックレスチャームやピアスフックはすべてK18。イエローゴールドの温かみのある輝きが木肌の素材感を引き立てます。

木に触れると温かいと感じるのは、木の細胞ひとつひとつに空気が含まれていて、熱が伝わりにくいから。触れたときに人の体温を奪わないので、肌馴染みの良い温かさを感じます。


たまねぎのリングは、欲しいものを思いのままに出せると言われる宝珠がモチーフ。宝珠の先端を右上に、右肩上がりで着けるデザインです。

薬指に着けると、こぼれ落ちそうな優しい印象に。
人差し指に着けると、突き出すような強い印象に。
指ごとに異なる印象を楽しんでいただけたらと思います。


手のひら側に埋め込んだK18がアクセント。ふとした時に、自分だけに、見えるのが良いのです。

2021/9/26


11号から23号までのウッドリング。治具や型を使わず、ひとつひとつのサイズに合わせてフリーハンドで削り出す、日本の職人の手仕事です。

職人の手のなかで、四角い木材から丸いリングが姿を現わす工程は、何度見ても目を見張ります。

2021/9/25


結婚5年目の記念日は木婚式。プレゼントには木を使った贈りものが選ばれます。
ウッドリングもそのひとつ。おふたりでデザインと樹種をそれぞれ選び、さりげないペアリングにするのもおすすめです。リングは細身のタイプからボリュームのあるタイプまで、4つのデザインをご用意しています。

ウッドジュエリーは、私たちと同じように日々変わり続けるもの。年齢を問わず似合い、時が経つにつれてより肌に馴染んでいきます。時間をかけて、おふたりならではの色艶に育てていくのも楽しみのひとつです。

「CRAFT&ART raw undyed」では、ウッドリングのサイズオーダーもお受けします。


2021/9/11


赤珊瑚は水深約100メートル以上の光の届かない深海に生息する宝石サンゴです。その成長はきわめてゆっくりで、1センチあたり約50年かかると言われています。日本固有種の赤珊瑚は点在して生息していて、サンゴ礁を作る造礁サンゴとは分類が異なります。

高知県土佐沖は赤珊瑚の主産地です。土佐清水港を訪ねると、カラフルなサンゴ漁の網を携えた漁船が港を出たり入ったりしています。〈su Ha〉では、土佐沖で水揚げされ原木入札会を経た、トレースの明らかな赤珊瑚のみを使用しています。

赤珊瑚は、環境省による第4次レッドリストにおいて、準絶滅危惧種(現時点での絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のある種)に選定されています。赤珊瑚の持続可能性について、高知県漁業管理課に話を聞くと、こうした状況を受けて、これまで2ヶ月だった禁漁期間を1.2.6.7.8月に増やし、漁業者の許可枠にも制限を設けるなど、宝石サンゴ漁の持続と海洋生態系の保護に向けた規制強化に取り組んでいるとのこと。

50年かかって成長した赤珊瑚を、50年愛用できるジュエリーに。貴重な赤珊瑚をできるだけ削らず、年齢を問わず長く身に着けられるシンプルなピアスに仕上げました。


2021/9/9


あわびの貝殻の内側に現れる虹色の干渉色。
貝殻の外側のエネルギッシュな表情と比べると、内側は物静かな佇まいです。

2021/8/7


灼熱にとろける樹液。
触れると肌に強く絡み付きます。

8500万年前の樹液が化石化したものが琥珀です。ひとつひとつ異なる琥珀の表情は、内包する樹皮や枝葉に由来しています。琥珀のシングルピアスは、加熱処理や加圧再生処理をしていない天然琥珀。定番品に合わない形や、ペアに揃わない色や模様など、製作工程で生まれた不揃いなひとかけを、ユニークなシングルピアスに仕上げています。

2021/8/5


樹木の内に宿る表情を読み取り、その美しさを巧みに挽きだすのが製材という仕事です。樹皮や年輪を手がかりに、幹の内側に隠れた木の癖を見極めて、丸太から板材を挽いていきます。刃を入れるわずかな角度の違いによって、現れる表情が大きく変化します。

ウッドジュエリーは、樹木から現れる表情そのものがデザイン。丸太から板材に製材する人の手でデザインが決まります。木目の美しさは、自然が与えてくれたものではあるけれど、自然そのままではありません。

2021/7/24


水を浴びて冷んやり気持ち良さそうなあわびの貝殻。金具の取付前に、小穴のなかの削粉を洗いだしています。

隠岐の島、伊勢、玄界灘、の天然あわび。表情が揃うように、左右のピアスを同じ貝殻から切りだして、O、I、Gと印を付けて店頭まで届けます。

2021/7/16


海の生き物から生まれるジュエリー。まもなく真珠も加わります。

©su Ha ALL Rights Reserved.