2021/1/9


I met a man who gazed this ring put in a glass case and said “ Oh, Liquidambar tree ! ”
I’ve never met who knows the name. Timber from Liquidambar tree is not known as material for products.

He was a tree doctor. We talked about tree life, how to fell, saw and dry, how beautiful the leaves.

2021/1/8


Flat square wood ring with offset line framing a finger.
You can see tiny knots on this ring made of Hard maple wood.
It’s named “Birds eye” because the figure resemble small bird’s eyes.
Maple tree attempts to start numerous new buds to get more sunlight, Tiny knots figure is caused by a number of buds remain. “Square” Wood ring made of Birdseye maple have a warm and undeniable power like wearing a piece of life.

“Square” Wood ring
Birdseye maple wood (Hokkaido, JAPAN))/ K18YG

2021/1/7


Flat square wood ring with offset line framing a finger.

“Square” Wood ring
Wood(Japan)/ K18YG

2021/1/1


HAPPY NEW YEAR!
What’s your new year’s resolution?

We are going to bring you closer to the breathing of Mother Nature in 2021.
You can find and touch Japan’s biodiversity at DAIKANYAMA T-SITE today to 25th Jan.

代官山 蔦屋書店〈つないで生かす、暮らし〉」展に参加しています。
〈su Ha〉は、命がつないできた素材の小片を生かした「“piece by piece” ひとかけのピアス」を中心に、新作・定番ジュエリーを数多くご紹介しています。

黒田美津子さんによる、日本の古家具に、アルテックのロープチェアやサンタ&コール、ヌーラ、ルイス・ポールセンの意匠照明、トーネットのガラステーブルなどを合わせた、新旧ミックススタイリングもお楽しみいただけます。

2020/12/27


“piece by piece” Amber stud earring
Amber (Kuji, JAPAN),K18YG

「ひとかけのピアス」
琥珀(久慈/岩手)、K18YG


製作工程で意図せず生まれ、引き出しにストックしてきた不揃いな小片を、一点もののシングルピアスに仕上げました。

時間をかけて選んできた透明度の高い琥珀、その美しさを損なわないように、特殊な道具でピアスピンの刺さる穴の中まで透き通るように磨きあげています。ピアスを覗き込むと、琥珀の中にピンの先端が浮いているように見えます。

とろりと濃厚な黄金色は、岩手県久慈地方の琥珀固有の色合い。日本の樹木から生まれた天然の黄金色です。

新しい年の始まりにふさわしい、心華やぐジュエリーです。

2020/12/27


“piece by piece” Red coral stud earring
Red coral (Kochi, JAPAN),K18YG

「ひとかけのピアス」
赤珊瑚(高知)、K18YG


製作工程で意図せず生まれ、引き出しにストックしてきた不揃いな小片を、一点もののシングルピアスに仕上げました。真紅に艶めく赤珊瑚は、新しい年の始まりにふさわしい、心華やぐジュエリーです。

2020/12/20


〈su Ha〉のジュエリーは、 生物素材に上質なK18を合わせています。

ひとつめの理由は、K18は変色しにくいこと。空気や肌に触れても黒ずみにくく、布で軽くお手入れすることで色合いを保てるため、白木や白竹といった淡い色の素材と合わせても、色移りの心配がありません。

生物素材は、時を重ねるにつれて色艶を増していきます。〈su Ha〉は、生物素材のありのままの色艶を大切にしたジュエリーです。


ふたつめの理由は、K18は金属アレルギーを起こしにくいこと。金属アレルギーを発症するタイミングは様々です。体に蓄積されたアレルゲンがその人ごとの許容量を超えることで引き起こされるため、すぐに発症することもあれば、何年も経ってから発症することもあります。そして、いちど金属アレルギーが起きると、ほとんど治ることがありません。

私もそのひとり。大切にしてきたシルバーのリングやネックレス、シェルと真鍮を合わせたお気に入りのピアスは、ある時を境に身に着けることができなくなりました。

生物素材は、時を重ねるにつれて愛着を増していきます。〈su Ha〉は、身に着けるごとに自分の肌のように感じられるジュエリーです。


三つ目の理由は、K18はこれまでもこれからもリサイクルされ続ける素材であること。採掘された金は、人々の手によって様々に形を変えてここに在り、そのルーツは古代の金貨や王冠だったかもしれません。また、地金の工房では加工で生じるわずかな切粉まで丁寧に集められ、自立した循環のしくみによって新しい形へ生まれ変わります。

生物素材は、自然から生まれ自然に還る素材です。〈su Ha〉は、循環する素材によるジュエリーです。

2020/12/13


Mother of amber.

“Ball cuff” Wood bracelet
MATERIAL:Wood(Kanagawa)

©su Ha ALL Rights Reserved.