2022.9.14


FOR STOCKISTS EXHIBITION 2022 at Jiyugakuen Myonichikan

自由学園明日館で開催されている合同展示会「FOR STOCKISTS EXHIBITION 2022」に今年も出展しています。

2022.8.30



“Belt cuff” Wood bracelet【In stock】

ひらりと薄く削り出した「ベルトカフ」は、長袖の袖口にもすっきり納まり季節を問わず活躍します。木目の揺らぎを縁取る稜線が、手首からわずかに浮いて見えるように、内側の面にもふくらみを持たせて削り出しています。

頬に触れてもヒヤッとしないのは、木の細胞ひとつひとつが空気を含んで熱が伝わりにくいから。熱を奪わないウッドカフは、肌に触れるたび温かみを感じます。

2022.8.2


夏の陽射しに呼応するエネルギッシュなシェルピアス。

陽が落ちると、暗がりのなかの光を集めて、艶かしい表情が浮かび上がります。夏の夜、大人のリゾートスタイルにおすすめのピアスです。

“舟のフックピアス”
あわび(隠岐の島、伊勢、玄界灘))/ K18YG

“to sea” Earrings
Abalone (Japan) / K18YG

2022.7.30


“Wood ball” ring

シンプルなウッドリングは、ゴールドやシルバーなど異素材との重ね付けにもおすすめです。

イタヤカエデは、バーズアイと呼ばれる癖のある表情をリングの丸みに閉じ込めました。生命力を感じる小さな斑点は、樹木の芽吹きの痕跡です。

2022.7.23


挽きたてのウッドビーズ。
80歳を超えてなお、挽くたびに仕上がりがアップデートする、ろくろ細工職人の手仕事。刃物と人物のキレの良さが、なめらかな木肌に表れています。

涼しげな色合いのイタヤカエデは、北海道厚沢部町の鈴木木材から。ネックレスには素直な木目を、ピアスとカフには癖の強い木目を選びます。

2022.7.16

“daughter” Akoya pearl single earring【Restock】

見られているのは、正面よりも横顔のほうかもしれません。

大粒のあこや真珠は、耳からこぼれ落ちそうなあやうさで留まります。くるりと回せば、もうひとつの横顔が現れます。端正な顔、乱れた顔、一粒の真珠が秘める多面性が魅力のピアスです。

〈 su Ha 〉ONLINE SHOP にてご紹介しています。どうぞご覧ください。

2022.7.7


七月七日、七夕。
そよそよと揺られる姿も心地よく感じられます。

今年の願いごとは、世界の平和。

2022.7.2


大きなバロックと小さなケシ、纏う景色が似ているのは、どちらも長崎五島生まれのあこや真珠だからです。

丸く整った真珠に比べると、揺らいだ輪郭の真珠は、着ける人の体の曲線と自然につながります。ユニークなシングルピアスとしても、アシンメトリーなペアピアスをあつらえても。

“daughter” 真珠のシングルピアス についてのストーリーはこちらから
https://suha-j.jp/tag/pearl

“daughter” 真珠のシングルピアス のオンラインショップページはこちらから
https://shop.suha-j.jp/


2022.6.26


“piece by piece” Akoya keshi pearl stud earring

涼やかな、あこやケシ真珠のシングルピアスが仕上がりました。長崎五島で天然採苗された母貝から偶然生まれる、特別なケシ真珠です。

ケシの魅力は何といっても自由奔放なその姿。母貝のなかを思うままに漂いながら、透き通った真珠層を積み重ねていきます。不揃いな輪郭のなかに幾通りもの干渉色が映しだされています。どの向きが光を集めるか、耳の上で回しながら鏡を覗くのも楽しいピアスです。


長崎五島のあこやケシ真珠は、大粒の真珠が育てられる過程で偶然生みだされる副産物です。人工的に量産される薄片の細胞ケシとは異なり、起伏のある伸びやかな姿をしています。

現場では、原珠を取りだしたあとに残る母貝の貝殻と貝肉のなかから、天然ケシだけをひと粒ずつ人の手で選り分けています。根気のいる仕事です。


“daughter” 真珠のシングルピアス、長崎五島のあこや真珠についてのストーリーはこちらから
https://suha-j.jp/tag/pearl

2022.6.22


貝にみちっと巻き付いた赤珊瑚。薄い層を重ねながら成長する様子がわかります。いつかの珊瑚加工所にて。

©su Ha ALL Rights Reserved.